FC2ブログ

al Garrotin, al Garrotan♪

!Hola!

今、一般クラスの振付けは、最後の盛り上がりどころに入っています。

一般1クラスは「ガロティン」、一般2クラスは「タラント」です。

今日は、何だか一般1で習っている「ガロティン」の歌詞が気になって、通勤時に色々調べていました。

ガロティンという曲は、2拍子系で非常に陽気な曲調。フラメンコにしてはのんびりと歌われていて、長調の明るい曲です。
ガロティンという形式名は、かつて聖ヨハネ祭の時に小さな棒(=ガロティン)を持って踊った群舞と関係しているのではないだろうかといわれているそうです。

ちなみに…聖ヨハネ祭(6月24日)は、夏のクリスマスとも呼ばれているそうです。太陽が夏至で頂点に達した後、冬至に向けて日が短くなるため、この祭には、太陽に力を与えるたき火が付き物であり、また、その火によって今後を占ったり,火の周りを踊ったりして、健康と幸福を祈るのだとか。

だから、火を焚くための棒(ガロティン)をみんな持って踊っていたのかな???(←これ私の想像

さて、ガロティンの歌詞に戻りまして…
聖ヨハネ祭に関係しているということもあり、なるほど、歌詞に”聖ヨハネ様(San Juán)”という言葉が入っています。

【Garrotin】

al Garrotín, al Garrotán
que de la vera de San Juán

pregúntale a mi sombrero
mi sombrero te dirá
la(s) mala(s) noche(s) que paso
y el relente que le da

al Garrotín, al Garrotán
que de la vera de San Juán

ガロティン ガロタン
聖ヨハネ様の傍で

わたしの帽子に尋ねてごらん
そしたら帽子は言うでしょう
わたしが過ごした辛い幾夜と
帽子を濡らした夜露のことを

ガロティン ガロタン
聖ヨハネ様の傍で
----------------------------

男性が恋心を夜露に濡れた帽子に託し、彼女に伝えたと言うガロティンの最もポピュラーな歌。

なんだか、ロマンチックですね~

しかーし、今まさに習っているマチョ(最後の盛り上がる部分)の歌詞は、強気な女性が登場
----------------------------
Mi mario es mi mario
y no es mario de naide
y la que quiera un mario
ay vaya a la guerra y lo gane

y al garrotín, y al garrotan
de la vera vera vera de San Juan
y al garrotín, y al garrotan
de la vera vera vera de San Juan
 
私の主人は私以外の誰のものでもない
もし主人のことを好きだという女がいたら
この私から奪っていったらいいじゃない(やれるものならね)

アル ガロティン アル ガロタン
聖ヨハネ様のおそばで
----------------------------

ん?何ともコケティッシュな歌詞ですが、何が起きたのですか???
聖ヨハネ様のおそばで何てことを言っているのでしょう!

帽子に思いを託して女性を口説いていた男性は、きっと恋多き男だったのでしょうね…(笑)

フラメンコの歌詞って、こんな感じであんまり意味が繋がらないものが多いんですが、意味が分かると楽しいし、踊りやすくなると思いませんか?

ガロティン、やっぱり楽しく踊る曲なんですね~al Garrotin, al Garrotan♪
110626_2.jpg
ポーランド ポズナン ランタン祭り(聖ヨハネ祭)


スポンサーサイト

comment

Secret

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
プロフィール

ちゅん

Author:ちゅん
!Hola,amigos y amigas!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR