FC2ブログ

ファンダンゴ 身体を大きく使って踊りましょう♪

!Hola!

今日は、なんと涼しい一日だったことか♪もう少しで9月ですもんね。もう35度越えは懲り懲りです

さてさて、そんな涼しい中ではございますが、今日もエルカミーノでは熱いレッスンが行われました

今日は一般1クラスへ参加。このクラスではファンダンゴの振付けが進んでおります。ファンダンゴの振付けは、上半身を大いに使う振付けが多く、右へ左へ身体を大きく動かした後は上へ伸び、次の瞬間向きを変えてグッと身体を下に落として、また身体を上に伸ばすっ!ふーぅ、ウエスト細くなりそう 実際、一般1のレッスンの後は、汗だくだしお腹もグルグル…ちょっとお腹が痛い。良く身体を使ったという事で良し!ということにしたいと思います(笑)

いつもこれだけ身体の使い方を意識しながら踊れれば、きっともっと上達するんだろうな。そんなことを思いながら、下腹を意識して、身体がブレることなく自由に身体を動かせるよう四苦八苦しながらも、本日のレッスンを終えた踊るOLなのでしたっ

lesson69.jpg
スポンサーサイト

エスコビージャを見せる

!Hola!

土・日と雨が降り、ぐっと涼しくなりましたね。夜に吹く風が少しひんやりして気持ちいい~

ですが、レッスンするとやっぱり大量の汗をかき、エルカミーノの教室内は熱気で包まれていますよ~

さて、土曜日の一般2のレッスンは、カーニャのエスコビージャの振付けが着々と進んでいます。
だんだん盛り上がっていく曲を感じながら様々なリズムでサパテアードを繰り広げていくと、アドレナリンが出てくるのか、気持ちが高揚

そんなエスコビージャは「足さばき」が大切だという事を今回学びました。エスコビージャは主に足のパートです。その足さばきを、少し気を付けてあげるだけで、サパテアードが同じでも見た目がグッと変わる。曲に乗せて高揚する気持ちと共に、見せるエスコビージャを踊れるように、何度も何度も繰返し練習でした。

来週は、エスコビージャの更に盛り上がる部分の振付けがあります!なんだかワクワクどんな振付けになるのかな~

lesson68.jpg


文字を書くように舞う

!Hola!

今朝、某番組で"WORLD ORDER"の特集をしていました。

WORLD ORDERは、「先鋭的なアニメーションダンスと、デジタル系テクノハウスが融合した唯一無二の世界観を表現するダンスパフォーマンスユニット」とオフィシャルサイトで説明がある通り、ノリノリのテクノミュージックに合わせて繰り広げられるダンスは、一つ一つの動きに無駄がなく、まるでコマ送り画像のような不思議な動きで観客を魅了します。

そのパフォーマーの一人がインタビューで面白いことを語っていました。

「僕たちの踊りは、文字で言うと”楷書”です。”楷書”は一つ一つの線や点を丁寧に止めて書いて一つの文字を完成させる。僕たちのダンスは、この”楷書”を書くように一つ一つの動きを丁寧に動いて作り上げていくんです」

なるほどなるほど、面白い表現だなぁ。右足を上げる、右足を下ろす、左足を上げる…と一つ一つを丁寧に動くことによって、あの7人一糸乱れぬコマ送りのような動きが実現するんですねぇ

…ということは?フラメンコは文字で例えると”行書”になるのかな??
一つの文字の中で、線と線の流れと止めが共存する”行書”。その流れを見せる筆使いは、軌道を描きながら動くブラソであり、勢いのよい撥ねは腰のキレで、止めは地にしっかりと足を付けポーズを決めるところかなぁ…うん、しっくり来る気がします

と思いきや、エルカミーノフラメンコスタジオのシンボルマーク「舞」という字は、正に行書で書かれているじゃないですか いやぁ、正に想像したフラメンコを表現している素敵な字です。今さらながら、気付きました

色々イメージを膨らませてくれたWORLD ORDERのインタビュー。「文字を書くように踊る」なんて、日本人ならではの感覚だし、なんだかイメージつきやすいと思いませんか?

よし!今度のレッスンは、教室に掲げてある「舞」の文字をイメージしながら踊ってみよう そう思ったバタバタの朝のひと時でした~。

 WORLD ORDERの動画です。思わず見入ってしまいます
IMPERIALISM / WORLD ORDER ワールドオーダー

images-18.jpeg
↑これがエルカミーノのシンボルマーク「舞」の文字。文字が舞っています

ファンダンゴ デ ウェルバ

!Hola!

昨日は少々心が荒んでいた踊るOL、本日は元気いっぱいに再始動致しました

今日は一般1クラスのレッスンへ!ここではファンダンゴウェルバのレッスンが進んでおります。今日のレッスンは今までの振付けの復習。有難い有難い既に振付けがあやふやな部分をしっかり確認することができましたよ。

復習をしながら、昨日言われた「曲と共鳴をする」ということを意識してみました。(←意識する時点で間違ってるかも…?)ファンダンゴはリズミカルで明るい曲調。うんうん、楽しい!自然に笑顔になっちゃう 楽しいと、踊りも自然と大きくなってのびのびと踊りたくなります。こういう気持ちを、素直に踊りで表現することが「共鳴する」ってことなんだろうな。

今日は復習をしつつ、ファンダンゴの曲に「共鳴」できた気がします。

あ~、やっぱりフラメンコって楽しいなっ

lesson67.jpg

音に共鳴をする…

!Hola!

さぁさぁ、長いお盆休みを終えて、日曜日ですが今日から仕事にレッスンに再始動を始めた踊るOLです

エンジンフル回転で!と昨日宣言したものの、一週間休んだ後の仕事はなかなかハードで、レッスンまで体力が持ちこたえなかった今日… 遅れてレッスンには出たものの、何だか気分が乗らない。身体も思うように動かないから、なんだかイライラ 貴重なレッスンなのに、いけませんね…

そんな今日のレッスンは研究科。本日のレッスンの一つは、同じ振りを「アレグリアス」と「ソレア」「シギリージャ」でどう表現するかを自分なりに研究するものでした。

「アレグリアス」は明るく高揚して弾けるような曲調、反対に、「ソレア」「シギリージャ」は厳格でどっしりとした重々しさのある曲調。この二つの曲を同じ振りでどう踊り分けるか。

腰の高さ、腕の振り上げ方、身体の使い方…どれも対極にある2つの曲は表現方法が違うという事を改めて実感。

その表現の違いは「いかに曲に共鳴をするか」ということだと先生は言われていました。「上手く表現しようと作ろうとするから、ぎこちない踊りになる。素直に曲に共鳴しろ、何も考えずに。自分の中の縛りを解けば、表現ができるはずだ。…でも、共鳴したものを思ったように表現して踊る技術を磨くには練習も必要だぞ」と。

そんな中、今日イライラMAXの私はどうしてもアレグリアスの曲に乗れなかった… あぁ、明るさが取り柄の私にもこういう日もあるんだな。共鳴するには自分の心の状態も大切。こんな時にアレグリアスを踊ると正に「作った表現」になってしまうのが、踊っていてよーく分かったレッスンでした。

逆にソレアやシギリージャの曲が流れると今の自分の気持ちにしっくりきて、何だか表現できている感じ!そしてストレス発散!!!

色々苦しみながらの、盆明け初レッスン。踊りながら、自分の心と向き合えたレッスンでした。明日は、アレグリアスの曲調にも共鳴できるような明るい気持ちを持って一週間の初めを迎えよう

お盆休み

!Hola!

水曜日から土曜日までレッスンお盆休み、仕事は先週の土曜日からお盆休み。
という事で、長い休暇を楽しんでいる踊るOLです

今回のお休みは、お墓参りの他に、お友達の大自然あふれる実家に遊びに行ったり、山奥にある美術館へ行ったりり…とにかく自然の中でゆったりと過ごす事ができました。

木々の多い所はやっぱり空気がきれい何だか身体が浄化された気がします。

しっかりリセットができたお盆休み。

明日からは、仕事とレッスン再開です よっしゃー、エンジンフル回転で再始動だぁ

シギリージャ振付け終了~♪

!Hola!

毎日毎日暑いですねぇ。外に出るといっきに干からびてしまいそうです皆さん、熱中症にならないように水分と塩分はしっかり摂取しましょうね。

さてさて、今日はレッスンお盆休み前に踊り納めて来ましたよ。

団体レッスン前に、一か月ぶりの個人レッスンを受けました。やっとこさ今日でシギリージャの振付け終了~ 喜びたいところですが、課題が山積み過ぎて素直に喜ぶことができておりません

一応通して踊った後に、「何を言いたいのか分からん」と先生の厳し~い一言 そうですよねぇ、振りに必死すぎて今の踊りは表現も何もあったもんじゃないもの…

11月の発表会までにきちんとシギリージャを表現できるよう、これからは振りの一つ一つの表現とアクセントなどの見直しを始めていきたいと思います。

くぅぅぅ、くじけそうになるけれど、前向きに突き進んでいきますよ~

articulos-164126.jpg
↑エバ ジェルバブエナ。写真の一瞬さえもシギリージャの雰囲気が伝わってきます




コントラティエンポの練習

!Hola!

今日は研究科のレッスンの日!本日も張り切ってレッスンに行って来ましたよ

今日の研究科も姿勢の確認やリズム遊びなど色々お題がありましたが、メインはコントラティエンポ(リズムの裏打ち)。

土曜日の一般2でレッスンしているカーニャのエスコビージャのメロディーに合わせて、ひたすらコントラのリズムを足で刻んでいく練習です。

今でこそコントラのリズムを掴めるようになりましたが、少し前まで私はこのコントラが苦手だったんですねぇ以前、やはり研究科のレッスンでコントラのリズムを捉えるのに苦戦していた時、先生に「足を上げるタイミングが早過ぎや。表のリズムを下腹で感じてから足を叩け」と注意されたことがリズムの捉え方を変えるきっかけとなりました

腰をしっかりと落として表のリズムに合わせて下腹にグッと力を入れ、次の瞬間に足を一瞬で振り上げて落とす。この感覚を掴めるように、暇があれば「どうだっけ?」と繰り返していると、ある日「ぬわっ!この感覚か!!」と突然閃く時がやって来たんです。ちなみに閃いた場所は台所でしたが…(笑)

地道にコツコツと~、やってる時は本当にできるんかな?と不安に思うこともあるのですが、コツコツの積み重ねは必ず自分の糧になるんですね。

とはいえ、スピードが速くなるとコントラのリズムが危うくなってしまう、まだまだひよっ子な私例えスピードが早くなってもコントラのリズムを確実の捉えられるよう、引続き練習しなくてわっ

できるできる…


lesson65_convert_20130812004340.jpg

見せる足さばき☆

!Hola!

今日は各地で最高気温を記録した一日になりましたね。どおりで暑い訳ですよ…

でも!どんな暑さの中でも暑い暑いと口にしながら、エルカミーノのフラメンカ達は今日も元気にレッスンに参加しましたよっ

本日のレッスンは一般2クラスで、カーニャのエスコビージャがだいぶ進みました。

今回のエスコビージャは難しい足ではないのですが、リズム感と見せ方が求められる振付け。スペイン人だったら、ただ歩き、ただ単純なステップを踏む時にも見せるように踊り、観客は魅せられます。そういうの、意外に私たちは苦手なんですよねぇ…これって表現力の違いなのでしょうか?

簡単なステップでも、一つ一つのサパテアードの音に心を込めて踊れるように、またもや私たちに研究課題が与えられた本日のレッスンなのでございました。

よし、みんなぁ~また明日も頑張りましょうねっ!

lesson64_convert_20130811015139.jpg

柔は剛を制す

!Hola!

今日は本当に暑い一日でございました 皆様、熱中症は他人事ではありませんよ。水分補給をしっかり行って、暑さに負けないでくださいね

さて、外は暑くオフィスは涼しく…外と中の温度差に、どうにもやられそうな身体をほぐすため、今日も踊るOLレッスンに行って参りました

今日は入門基礎クラスの日。しっかりストレッチで固まりかけた身体をほぐした後は、基礎の基礎から、動きを確認しながらのレッスン。

只今、入門基礎クラスでは少しずつ、ブレリアの振付けが進んでいます。この振りは、ストレッチで行われている身体の使い方がふんだんに組み込まれており、難しいステップは無いのですが、とにかく身体を使う踊りとなっています。

身体は腰を中心に動かし、ブラソは腰の動きに連動して動きたい方向に動かす…はずなのですが!人間とは不思議なもので、どうにも力を加えて、意識的に腕や身体を動かしたくなるんですねぇ。結果、全体的にぎこちなく不自然な動きになっちゃう

何で脱力すること、自然の身体に身を任せることがこんなにも難しいことなんだろうって、考えても仕方がないので、”自然な動き”を自分の中で感じ取るまで何度も繰り返しやってみようじゃないかっ

柔は剛を制す!という事で、力ではなく、自然な動きから生まれる柔らかさで、踊りの表現をもっともーっと広げていくぞぉ~

lesson63_convert_20130809013157.jpg

68年目の8月6日

!Hola!

広島は今日、原爆投下から68年目の8月6日を迎えました。

原爆が投下された時刻8時15分、平和の鐘と共に黙祷。今日一日、広島は多くの人の祈りに包まれています。

一発の原子爆弾が、広島を一瞬にして地獄絵のような焼け野原にした68年前。たくさんの人々の命が失われ、希望が失われた68年前。

たった68年前に、そんな悲惨な出来事があった広島。

今は?

日常を過ごしているとそんな悲惨な出来事を忘れてしまうくらいに、綺麗な水が豊富で、美しい緑に囲まれ、たくさんの人々が暮らし、今や政令都市であり、平和を世界に発信する国際平和文化都市となるまで復興そして発展を遂げています。

今の私たちの暮らしができるまで、どれだけの苦労があったのだろう。
どんなに想像しても、その苦労は、体験していない私たちの想像を超越しているものであったと思います。

8月6日の今日。一人でも多くの人々が、今日を築いてくれた人たちと、未だ争いに苦しむ人々への祈りを捧げた一日でありますように。

「安らかにお眠りお眠り下さい。そして、全世界の人々が平和に暮らせる時が必ず訪れますように…」

peace memorial park

プランタ、タコン…

!Hola!

今日も暑さに負けず、いざレッスンへ~

今日は研究科の日。研究科は毎回レッスンメニューが変わるのですが、今日はサパテアードの内、タコン(踵)とプランタ(つま先)の強化練習!

プランタ→タコンの順番でサパテアードを叩く際、プランタで”貯め”を作らなければタコンが鳴らないため、リズムが立たず音が流れてしまいます。早いサパテアードを叩くときにこの状況に陥りがちで、プランタ→タコンの音が流れるために、踊りのテンポが早くなってしまい、気付けば後半、自分で自分の首を絞める結果に… 

そんな状況を回避するためには、ゆっくりのテンポでも早いテンポでも、プランタに”貯め”を作って次のタコンへ繋げていき、テンポをコントロールすることがとても大切ですなんですね

そういう私も、本日のレッスンでプランタの”貯め”の甘さを指摘されました… プランタの“貯め”を作るには、日々のレッスンでプランタを意識して練習することが何よりも効果的とのこと。

…ということですので、明日からサパテアードの練習を見直して、プランタ&タコンの強化に励みますっ

lesson62.jpg


カーニャの調に乗せて~♪

!Hola!

今日は、新しく購入したファルダ(スカート)を持って意気揚々とレッスンに参加した踊るOLです

さてさて、土曜日の一般2クラスは、カーニャの振付けがぐんぐん進んでおります。

今日は、セグンダ(2番目の唄)終わりからファルセータ→エスコビージャの冒頭まで一気に進みましたよ~

今回のファルセータは難しい振りではないのですが、リズムの捉え方が難しいぃ ちょっと気を緩めようものならカウントが分からなくなり、たちまち曲の中で迷子になってしまう始末… かなりの集中力が必要な振付けでした。(←これって、私だけかも知れませんが…)

カーニャの優雅な調に乗せてリズムを楽しみながら踊れるように、みんなで頑張って練習するぞぉ!

lesson60.jpg

入門基礎クラス!

!Hola!

今日は、福岡教室の発表会が終わって、初のレッスンに参加してきましたぁ

発表会で観たみんなのキラキラした姿を思い浮かべ、11月に行われる広島の発表会に向けて心を入れ替えて頑張ろうという気持ちをもっての初練習です

今日も基礎の基礎からのレッスンが充実した1時間半でした。サパテアードのゴルペ、プランタをきちんとした音で叩けるように、長い時間を掛けての足のレッスン。そして、そのレッスンを活かして、セビジャーナスとブレリアの練習。

とにかく下腹から足や腕を動かし、一瞬決めるところは腰を落としたまま、状態を引き上げて決める!決めるところは形を覚えて、前の振付けから覚えた形に持っていけるよう、何度も何度も繰り返し練習しました。

いやぁ、カッコよく踊るにはしっかりとした基礎と、繰返しの反復練習が何よりも大切なんだという事を痛感した本日のレッスン。 何度も同じ動きを繰り返す練習は、「あ!今上手くいった!!」と思える瞬間が楽しい その感覚を覚えて、いつでも「上手くいった!」と感じる動きができるようにするには…やっぱり練習あるのみなんですね

福岡教室の発表会を観て頑張ろうと奮起させられた気持ちを忘れないように、発表会に向けてレッスン頑張るぞぉ

lesson61_20130802021235010.jpg
プロフィール

ちゅん

Author:ちゅん
!Hola,amigos y amigas!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR