キレを出すコツ

!Hola!

今日は祝日。皆さんよいお休みを過ごされましたか?
私は、いつも仕事で間に合わない18:30~の一般総合クラスからレッスンに参加してきました~

一般総合クラスは、入門基礎クラスのレッスン内容を更に応用して身体の使い方を学ぶクラスです。

本日のお題は、「キレシリーズ

えー、「キレシリーズ」とは、上下左右と動く時の身体のしなりを感じながら、どの方向でもキレを出すコツを学ぶというものです。

「力でキレを出そうとすると固く見える。決める最後で手首の力を抜くのと首の動きのタイミング合わせて決めてみ。そしたら、しなやかなキレが出るんや」と先生。

なるほどなるほど

そのレッスン内容の1つは、腕を上に振り上げてから「タン・タン・タン・タン!」の4拍目で腕を下ろしきる時にキレを出して決めるポーズ。何度も繰り返して練習です。

「あー、ほら。すぐに自己流に身体の動かし方変えて、腕の力でキレをだそうとするよねぇ、あの人は…」と先生。その視線の先にいるのは…ぬわっ!私だぁぁぁ 最初は気を付けていたつもりが、繰返して練習するうちにいつも通りの動きになっていたようで…いつも「動きにしなやかさがない!」と注意されるのは腕に力がはいってるからなんですよぉ~。

分かってる でも直らない 悪い癖。

力を抜くのは本当に難しいこの後も、腰を中心に腕を上や前に出してキレを出す動きを繰返し練習。完璧にはできていないけど、レッスンの最後の方には、キレを出すための何かを掴めてきた気がします

今日のレッスン内容も本当に勉強になりました。 キレのある踊りを踊れるように、今日のレッスンのことをいつも頭の片隅に置いておこう!そう強く思った本日のレッスンでありました
lesson36.jpg
スポンサーサイト

フラワーフェスティバルに向けて!

!Hola!

広島の街は、只今お菓子博で盛り上がり、更に5月3日~5日まで開催されるフラワーフェスティバルの準備で賑わっております

エルカミーノフラメンコスタジオも5月3日フラワーフェスティバルのステージで踊りますよ~
今年は、セビジャーナスのアレンジでステージを盛り上げます!

今日の研究科はステージに向けての最終レッスン!研究科はアバニコ(扇)を使ってセビジャーナスを優雅に踊ります

ちょうど、フラワーフェスティバルが開催されるこの時期に、フラメンコが生まれたアンダルシア地方にあるセビージャという街でも、スペインの3大祭りである「セビージャの春祭り」が開催されています。ここで踊られるのが「セビジャーナス。」 私たちが、今回踊る曲です。

広島の花の祭典フラワーフェスティバルを、このセビジャーナスで華やかに彩ることができるように、ステージをしっかり盛り上げたいと思います

さぁ、本番まであと少し。観客の皆様に春の喜びを感じて頂けるよう、みんなで頑張って練習しましょ~
lesson35.jpg
!Ole,guapas!

タラント 振付け終了♪

!Hola!

本日の一般2のレッスン、12月から振付けが始まった「タラント」が終了しました!

ゆったりのタラントのリズムから、最後のタンゴで追い込んで追い込んで終わり。今回の終わり方は「おおっ、これで終わるの?」という振りで、予想外の上、潔い終わり方でカッコイイ

思い返してみれば、私は2回目のステージでタラントを踊りました。このとき、タラントの曲と歌に感銘を受け、「なんて哀しげで綺麗な曲なんだろう」とぐぐっと引き込まれ、それ以来タラントという曲が大好きなりました。

その大好きなタラントを美しい旋律に乗せて、哀しくも美しい表現ができるように、これからはしっかり踊りこんで自分の表現を研究ですっ
images-10.jpeg
Concha jareno


キレを出す

!Hola!

本日は、仕事を早々に切り上げて個人レッスンに行って参りました

今、シギリージャという曲を習っているのですが、これ難しい・・・踊っていても、踊れていないことが自分でよーーーーーく分かって、いつも凹みます 何で、シギリージャやりたい!って言ったの?私。。。

でも、もう後には引き下がれません。やるしかない!

今日、レッスンの最後に先生に言われました。「力でキレを出そうとするから、キレがでぇへんのや。腰から動け。そして、身体のしなりを感じろ。そうしたら、柔らかさの中にキレが出る」と。

これ、入門基礎レッスンでも力を抜いて身体のしなりを感じるレッスンしています。なのにぃ、だのにぃ~!振りに入ると力んじゃうんですよぉ

どんな時でも、丹田を意識して、重心低く、腰から動いて自然な身体の動きで踊れるように、まだまだまだまだ…修行が必要です。

よぉし、負けないぞぉ~
images-9.jpeg

al Garrotin, al Garrotan♪

!Hola!

今、一般クラスの振付けは、最後の盛り上がりどころに入っています。

一般1クラスは「ガロティン」、一般2クラスは「タラント」です。

今日は、何だか一般1で習っている「ガロティン」の歌詞が気になって、通勤時に色々調べていました。

ガロティンという曲は、2拍子系で非常に陽気な曲調。フラメンコにしてはのんびりと歌われていて、長調の明るい曲です。
ガロティンという形式名は、かつて聖ヨハネ祭の時に小さな棒(=ガロティン)を持って踊った群舞と関係しているのではないだろうかといわれているそうです。

ちなみに…聖ヨハネ祭(6月24日)は、夏のクリスマスとも呼ばれているそうです。太陽が夏至で頂点に達した後、冬至に向けて日が短くなるため、この祭には、太陽に力を与えるたき火が付き物であり、また、その火によって今後を占ったり,火の周りを踊ったりして、健康と幸福を祈るのだとか。

だから、火を焚くための棒(ガロティン)をみんな持って踊っていたのかな???(←これ私の想像

さて、ガロティンの歌詞に戻りまして…
聖ヨハネ祭に関係しているということもあり、なるほど、歌詞に”聖ヨハネ様(San Juán)”という言葉が入っています。

【Garrotin】

al Garrotín, al Garrotán
que de la vera de San Juán

pregúntale a mi sombrero
mi sombrero te dirá
la(s) mala(s) noche(s) que paso
y el relente que le da

al Garrotín, al Garrotán
que de la vera de San Juán

ガロティン ガロタン
聖ヨハネ様の傍で

わたしの帽子に尋ねてごらん
そしたら帽子は言うでしょう
わたしが過ごした辛い幾夜と
帽子を濡らした夜露のことを

ガロティン ガロタン
聖ヨハネ様の傍で
----------------------------

男性が恋心を夜露に濡れた帽子に託し、彼女に伝えたと言うガロティンの最もポピュラーな歌。

なんだか、ロマンチックですね~

しかーし、今まさに習っているマチョ(最後の盛り上がる部分)の歌詞は、強気な女性が登場
----------------------------
Mi mario es mi mario
y no es mario de naide
y la que quiera un mario
ay vaya a la guerra y lo gane

y al garrotín, y al garrotan
de la vera vera vera de San Juan
y al garrotín, y al garrotan
de la vera vera vera de San Juan
 
私の主人は私以外の誰のものでもない
もし主人のことを好きだという女がいたら
この私から奪っていったらいいじゃない(やれるものならね)

アル ガロティン アル ガロタン
聖ヨハネ様のおそばで
----------------------------

ん?何ともコケティッシュな歌詞ですが、何が起きたのですか???
聖ヨハネ様のおそばで何てことを言っているのでしょう!

帽子に思いを託して女性を口説いていた男性は、きっと恋多き男だったのでしょうね…(笑)

フラメンコの歌詞って、こんな感じであんまり意味が繋がらないものが多いんですが、意味が分かると楽しいし、踊りやすくなると思いませんか?

ガロティン、やっぱり楽しく踊る曲なんですね~al Garrotin, al Garrotan♪
110626_2.jpg
ポーランド ポズナン ランタン祭り(聖ヨハネ祭)


フラメンコライブ!

!Hola!

来る5月12日(日)、エルカミーノ フラメンコライブ開催が決定しました~

~エルカミーノ フラメンコライブ~

●日時: 5月12日(日) 15時~
●場所: 居酒屋 エルム 
●観賞料:2,500円 (1ドリンク、フード付き)
●出演者
 ◆ギター:白井 繁
 ◆カンテ:瀬尾 紫帆
 ◆バイレ:天方 有子、小田 ゆかり
       クミコ、小松 佑聖、中野 良子

 ※チケットのご購入は、エルカミーノ フラメンコスタジオへお問い合わせください

今回は、スタジオのお隣の居酒屋エルムさんとのコラボ

間近でフラメンコが観賞できるタブラオスタイルで、皆さんにフラメンコを楽しんでいただければ幸いです。

皆様のご来場を心よりお待ちしております

images-8.jpeg






体幹の大切さ

!Hola!

「俺、今ダンスで壁にぶち当たってるんすよね…」

残業中ふらっと私の横に来て、こう漏らす後輩。この後輩は学生時代からブレイクダンスを続けてて、かなりの腕前。

「どんな壁が出てきたんかね?」

「この前、ダンスを評価してもらったときに『どの曲のダンスも同じに見える。それぞれの曲によってフィーリングが違うでしょ。もっと曲のフィーリングを大切にしてほしいね』って。分かるんすけど、身体が動かないんです。」

「ああ、よく分かるわ。つい最近私も、同じようなこと先生に言われた(苦笑)それぞれの曲に応じて感じたことを表現するって難しいよね。好きなダンサーの踊りを何回も見て、色んな動き方を真似するところから試そうと思うんだけど、これがなかなかできないんだよね

「いや、そうなんすよ。すごい人は身体の可動域が半端ないっす。とりあえず、基本に帰って体幹を鍛えるところからやり直しかな…って思って。最近、体幹トレーニング始めました。だから、今日も帰って体幹トレーニングしようと思います!じゃ、お先に失礼します

あ、帰ったね・・・

この後輩、悩んでるという割には既に解決策見つけてるし、逆に話して私が勉強になりました。壁を乗り越える日は近いでしょう(笑)

「すごい人は身体の可動域が半端ない」

確かに、表現が多様なフラメンコダンサーは、軸がブレずに上半身がゴムのように自由に動くのと同時に、下半身はしっかり地に足をつけて激しいサパテアードを繰り広げます。どのダンスでも、体幹がしっかりしていると表現の幅が広がるんですね。

いくら曲を心で感じていても、身体が動かなかったら感じたことを充分に表現しきれない。これってフラストレーション溜まります

自由に、感じたままに身体で表現できるよう、私も体幹トレーニングしてみよっかな…あ、あと、ちゃんと入門基礎クラス参加して、身体の動かし方を再確認しよ…こんな風に基本に立ち返らせてくれた今日の後輩との会話でした

eva_yerbabuena.jpg
Eva Yerbabuena




!Viva sevilla!

!Hola!

今日は夕方から雨が降りましたが、気温は暖かいですね。やっと寒さから解放されるかな?

そんな今日も、踊るOLはフラメンコのレッスンへ

今日は研究科のレッスン。今日の主なレッスン内容はセビジャーナスをアバニコ(扇)を使って踊るというもの

普段のレッスンでは、パリージョ(カスタネット)を用いて踊るのですが、アバニコを使ってのセビジャーナスはまた雰囲気が変わり華やかで綺麗

このセビジャーナス、来る5月3日(金)15時から、広島フラワーフェスティバル コスモスステージにてお披露目予定!!!

ということで、今日はみんな遅くまで練習しました

スペイン セビージャの春祭りで踊られるセビジャーナスで、広島の花の祭典 フラワーフェスティバルのステージを華やかに盛り上げたいと思います

ステージでは、観客の皆様にもフラメンコの楽しさが届きますように

lesson34.jpg

土曜日お昼レッスン

!Hola!

この前まで暖かかった気候はどこへやら・・・寒い日が数日続いていますが、皆さん風邪などひかれていませんか?

さて、今日はそんな寒さにも負けず、踊るOLは仕事休みの本日、久々に朝からレッスンに参加してきました

土曜日のお昼のレッスンはいつも大盛況で、大人数でレッスンを受けており、その中には子供さんと一緒に来られるママさんフラメンカもいらっしゃいます。

レッスン中、お子ちゃま達はとても良い子

まず、ちーちゃん(女の子)はレッスンの最初、ママと一緒にちょっぴりサパテアードのレッスンをします。
lesson33.jpg
ママと手をつないでの練習風景は微笑ましいでも、見よう見まねなのに、ちゃんと足の動きがあっているのがすごいです!

そして、すこーし練習をしたら、ゆう君(男の子)の食べているお菓子が気になって、一緒におやつタイム二人は年齢が近いし、毎週土曜日に会っているのでとっても仲良しさん。二人で何やら話をしながら、仲良くおやつを食べます。

lesson32.jpg

そんなほっこりな二人の横では、フラメンカ達のハードなレッスンが繰り広げられています。

lesson30.jpg

!Ole!カッコイイ子供たちも踊るママを見て、お菓子食べながら一緒にステップを踏んだり手を叩いたりして、フラメンコを楽しみます。

レッスン前半の最後は、先生のバストン(杖)のリズムに合わせて回転の練習をするのですが、そこでちーちゃんは「あ!」と言って先生の元へ駆け寄って行きます。何をするのかな?と思いきや、先生と手を繋いでみんなが回転をする姿を見守ってくれるんですね(笑)
lesson29.jpg
ゆう君も端っこで見守ってくれています。

こんな感じで、かわいい子供たちに見守れながらの土曜日お昼のレッスン。なんだか優しい気持ちにさせてくれます。

もう少し大きくなったらセビジャーナスをママと一緒に踊れると良いねその日を夢見て、ママさんフラメンカ、楽しく踊り続けましょっ 








フラメンコ衣装のこと

!Hola!

すっかり春めいた気候になり、洋服も軽く明るい色を着たい気分な今日この頃

洋服のことを考えていたらふと、「そういえば、フラメンコの衣装もフェリアの前にファッションショーがあるなー」と思い出し、早速チェック

ありましたありました!SIMOF2013の記事が!
traje-flamenca.jpg


SIMOFとは、Salon Internacional de la Moda Flamencaの略称。日本語では「国際フラメンコ・ファッションショー」と呼ばれているようです。

アンダルシア地方で春に行われるフェリアでは、赤ちゃんからお年寄りまで、女性は華やかな民族衣装を、男性は礼服を身にまとい、春から夏にかけて、それぞれの都市や村でお祝いをします。その中でも華やかなのはセビージャの春祭り。

フェリア用の衣装は、2月には毎年、先程ご説明したSIMOFというファッションショーが開催されるほど、ドレスの色や形、そしてアクセサリーまで、毎年流行があり、皆が自慢の衣装探し、コーディネートに精を出すそうです。またフェリア用の衣装の流行は、流行に敏感なプロのフラメンコの踊り手を中心に、フラメンコ衣装にも反映されるんですって

見ていたら、うっとりするほど美しい衣装がズラリ!(もちろんモデルさんも美しい

素敵な衣装を着るだけで、上手に踊れる!いや、上手になった!!という暗示にかかってしまうほど、衣装は重要だと思います。(自論ですが

「今度はこんな衣装着てみたいな」なんて夢を膨らませつつ、自分好みの衣装を探すのも楽しいですよ

SIMOF 2013 Ganadora de NOVELES CRISTINA GARCIA (youtube)


フラワーフェスティバル出演決定!

!Hola!

今日は雨がシトシトいつもより長い間咲いていた桜ももう散り始めましたね。散った花弁が道や川をピンクに染めて、また違う美しさを見せてくれています。

さて話題変わりまして、5月のGWの予定、そろそろ皆さん立てられていますか?

このGWに広島ではフラワーフェスティバルという大きなお祭りがあります。エルカミーノフラメンコスタジオのメンバーは毎年、このフラワーフェスティバルのステージで踊っているのですが、今年も出演が決定しましたー

5月3日(金)15時より、コスモスステージ(地蔵通りの入り口に設置されるステージ)で踊ります。

ステージをフラメンコで楽しく盛り上げますので、フラメンコに興味のある方、お時間がございましたら是非足をお運びいただけると嬉しいです

どうぞよろしくお願いいたします

FF.jpg

フラメンコ

!Hola!

今まで!ola!って書いてましたね、私。はずかしぃぃぃ

さて、昨日はテレビでフラメンコやってましたね~。

今井翼くんのファルーカ、カッコよかったです一緒に踊っていたリドンさんも素敵だった~

ファルーカという曲は、哀愁のある美しく哀しい曲です。パレハ(ペア)で踊られていましたが、ファルーカの哀愁と美しさが2人の踊りから伝わってきてウルッときてしまいました。

やっぱり、フラメンコは素敵な芸術ですね。テレビをみて、フラメンコのことが益々好きになりました

表現が伝わる踊りができるよう、練習がんばろー

flamenco1b.jpg




女性らしく!

!Ola!

春だ春だ~街中お花が溢れていて、視覚にも嗅覚にも感覚にも、とても心地よい日々が続いていますね

さて、今日は久々に一般総合クラスに参加してきました。本日のレッスンの課題は「女性らしさ」を表現する。

特に踊りで女性らしさが際立つのは首筋から胸元にかけてのライン。グッとこのラインを引き伸ばすと”色気”が出るんですね。これをいやらしくない程度に、動きの途中、一瞬決めるところでこのラインを美しく見せて魅せるんです

今日はこの動きを何度も繰り返し、鏡を見ながら「女性らしさ」の表現を研究・・・私、結構長い事女性として生きてますが、中々色気が出ず、自分の動きに笑える始末・・・しかも、男性の先生の方が色気があるってどういうこと~

男性に負けちゃいられません!鏡の前で首筋から胸元を伸ばして・・・しばらく家でも研究ですね
images-7.jpeg
プロフィール

ちゅん

Author:ちゅん
!Hola,amigos y amigas!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR