FC2ブログ

笑ってコラえて!

!Ola!

今日は良いお天気ですね~♪桜も咲いてきて一気に春ムードが高まり、気分も明るくなります

さてさて、日テレの「笑ってコラえて!」という番組をご存知ですか?

来週は3時間スペシャルで、この番組の中の”海外支局を作ろう”のコーナーでフラメンコが見れるようです!スペイン支局のメンバーに、タッキー&翼の今井翼君が合流して、フラメンコを習い、タブラオで踊る様子が予告でちらりと映っていましたよ。これは絶対に見なくては!!!

今井翼君は過去、フラメンコ雑誌のPaseoフラメンコの表紙も飾ったこともあるほど、フラメンコを本格的に学んでいるようです。どんなレッスンを受けて、どんなパフォーマンスをするのか、とっても興味津々

ということで、4月3日(水)19時~、「笑ってコラえて!3時間スペシャル」。スペインやフラメンコに興味のある方はお見逃しなく~

31165_320.jpg
スポンサーサイト

十人十色

!Ola!

まさに花冷えの今日。広島の桜は寒さで花開くのを少しためらっているようですね

さて、昨日もレッスンに行って来ました。レッスン後、今一般2のクラスで振付けが進んでいるタラントの話で盛り上がりました。

タラントは以前もお話ししましたが、炭鉱夫の苦しみや嘆きを表現した曲です。けれど、曲調はとても美しく、ファンも多い曲。

斯く言う私も、この曲が大好き。そしたら、みんなもとっても好きな曲で、いつか踊りたかった曲だったということで話が盛り上がりました

その話の中で「同じ曲でも踊る人で雰囲気が全然違うんですよね」という感想が出て、なるほど~と関心を持ちました。

フラメンコは喜怒哀楽を素直に表現する芸術です。「踊る人で雰囲気が全然違う」というのは、それぞれの人生経験が異なるから、各人表現するものが異なってくるんだろうなと思います。だから、同じ曲を聞いても感じるもの、表現する形が異なって当たり前。その表現に周りも共感して一つの芸術ができあがるのがフラメンコなんだろうなぁ…と何となく思い直した瞬間でした。

深~いけど、だから面白いフラメンコ。十人十色の表現、色んなものを観て色んな事を感じて、もっと表現ができるようにセンティードを養っていこう!
lesson28.jpg

四位一体!

!Ola!

今日は雨の天気予報が覆って良いお天気でしたね~
踊るOL、本日はイベントで福岡に行って参りました!福岡は今日桜の満開を迎えており、美しい景色が広がって私たちの心をワクワクさせてくれました

さて、今日はイベント会場でのステージ。お客様との距離が近かったこともあり、とっても緊張・・・けれど、舞台にはいつも一緒に練習している仲間がいる!

ギター・歌・踊りの三位一体のフラメンコ。今日のステージもお互いをしっかり感じることができました。ステージで私たちが楽しくパフォーマンスすることができると、間近で見ていらしゃるお客様にも伝わるようで、とても楽しそうなお客様の表情を踊りながら見ることができると、益々テンションUP舞台の上がワーッと盛り上がると同時に客席の盛り上がりをしっかり感じることができました

フラメンコは三位一体と言いますが、最終的にお客様を巻き込んでの四位一体?!が成り立つと最高のステージになるんですね

春の桜のように、今日のパフォーマンスが少しでもお客様の心をワクワクすることができたなら、とっても嬉しいな
cherry blossom

入門基礎クラス

!Ola!

今日は久々に入門基礎クラスへ行ってきました

身体を思い切って脱力してストレッチ。呼吸と一緒に身体を大きく動かすとあ~気持ちいい

しっかりストレッチをした後は、セビジャーナスとブレリアの練習。

どちらも一度習ったことあるはずなのに、改めてレッスンを受けると「あれ?いつの間にアレンジしてしまったんだ!」という箇所が毎回チラホラ・・・

今日は特にブレリアで、抜ける前に身体をジワーッとひねっていく部分に発見が!自分ではしっかりポーズを取っていたつもりが、先生に「ちゃうで、ここはマタドールや。もっと牛と睨みあうマタドールのように身体をジワーッとひねるんや。そのポーズじゃぁ、牛にやられるで(笑)」と言われてしまいました

なるほどなるほど振りには意味があるものなんですね。マタドールをイメージして踊ってみると、確かに身体のひねり方、顔の向き、ブラソの伸ばし方、次の動きへの繋ぎの動きなどが変わってきて、なんだかカッコイイ(←自画自賛)今度はアレンジしないように、習ったことをしっかり覚えておかなきゃ!

今日も収穫の多いレッスンでしたやっぱり、入門基礎って大切ですね。ちゃんと通おう・・・
lesson27.jpg

ソロンゴ

!Ola!

今日もレッスンに行こうと思ったのですが、残念ながら残業~~~またもや、2レッスン分のレッスン着の入った重い鞄を持って家と会社の無意味な往復でした。

「はぁ~、まだ週初めかぁ・・・」なんて思いながらふと空を見上げると、今朝の雨と風で洗われた夜空に月と星がきれいに見えていました。ああ、久しぶりにきれいな夜空が見えたな。なんだかほっこりそして、月の見える夜空を見上げると、あるフラメンコの曲が必ず頭に流れてきます。

それが、ソロンゴ。

ソロンゴはとても美しくで哀愁の漂う曲です。これは、スペインの吟遊詩人で音楽家、戯曲家、演出家、画家であったガルシア・ロルカが掘り起こして復活させた古い民謡の一つで 比較的新しい時期にフラメンコの仲間入りをしたそうです。レトラ(歌詞)はすべてロルカの作品。

そのソロンゴのレトラの一部をご紹介。

La luna es un pozo chico
Las flores no valen nada
Lo que valen son tus brazos
cuando de noche Me abrazan

(訳)月は小さな井戸
花なんかいらない
今夜私を抱きしめる
あなたの腕があればいい

にゃ~!なんてロマンチックな歌なんでしょうだから、ソロンゴはどこか寂しくて、辛そうで、かつ美しさを感じる曲のですね。

残念ながら、残業帰り夜空を見上げる私は一人もの~。こんなロマンチックな思いをしてみたい(←毎度頭にソロンゴが流れる時に思うこと)

さて皆さん、今度ソロンゴを踊る機会がありましたら、このレトラに乗せて大切な誰かを思って踊ってみてはいかがでしょうか?
moon.jpg

ステージ練習

!Ola!

今日は午後から雨が振り始めましたね。でも、身が切れるような寒さは感じられず、雨が降るたび、確実に春が近づいてきているのだなぁと感じます

さて、そんな日曜日も踊るOLはフラメンコ踊ってきました。

今日は、日曜日のステージに向けての最後の調整。

以前もお話ししましたが、フラメンコは歌とギターと踊りが三位一体です。今日は、歌とギターと踊りのタイミングを一つずつ最終確認してきました。

こうやって、みんなで一つずつ確認する作業は「ああ、フラメンコしてるな」と感じる瞬間です。お互いを意識し合いながら、タイミングをピッタリ合わせていく。空気を感じ合って共鳴する感じでしょうか。お互いの気持ちが重なり合った瞬間に、お互い気持ちよくパフォーマンスができ、三位一体のフラメンコが完成します。

本日の最終確認は、とても良い状態で終了♪

当日は1日3ステージあるということで、仕上げは30分のパフォーマンスを10分休憩を挟みながら連続3回練習・・・さすがに今日は疲労困憊です 一体感はバッチリ!あとは、当日までに体力付けなければ!
images-6.jpeg


スタジオ

!Ola!

昨晩、せっかくブログ書いたのに、PCが自動更新し始めて記事が全部消えてしまい、悲し過ぎてフテ寝してしまいました(つД`)ノ

気を取り直して久々のブログ、まだ誰も来てないスタジオの写真撮ってみました♪
image_20130318011043.jpg

毎日、このスタジオにフラメンコのレッスンに励む仲間が集まって来ます♪

今日もそろそろ、みんなやって来る頃。

さあ、しっかりこの大きな鏡を見ながら、今日のレッスンも頑張りましょ〜(=´∀`)人(´∀`=)

柔と剛のこと

!Ola!

今日はレッスンお休み~。そんな日にふと思ったこと。

先生はレッスン中に「柔らかさの中にキレがでる」ということをよく言われます。踊りに女性らしい柔らかさを出しながら、軸をしっかり保ってキレを出す。

・・・どこかで聞いたことあるんだよね。柔らかさの中に軸をしっかり保つって言葉。

あ!なんとそれは、中学校から通っていた母校の校訓でした。

それは、「柔しく、剛く(やさしく、つよく)」

私の通っていた学校は女子校でした。そこでの校訓が「柔しく、剛く」だったのです。その意味は、「柔らかな女性らしさは絶対に忘れてはなりません。但し、自分の考えはしっかりと持って、芯の通ったしなやかに剛い女性になりなさい。」というものです。

その例えとして言われていたのは「竹」です。
「竹に雪が積もると、竹は元に戻ろうとして雪を跳ね返す力を持っている。どんなことが身に振りかかっても、竹のように物事を柔軟に受け止め、自分をしっかり保てる力を養いなさい。女性とは、竹のように柔らかい心と、どんなことにも屈しない芯の強さを兼ね備えているものです」と教えられていました。

まだまだお子ちゃまだった10代。「これ、意味分からんわ・・・」と思いながら講話を聞いていましたが、いま年を重ね、更にフラメンコを習い続けて、やっとこの校訓の教えを理解し、共感を覚えました。(←遅すぎ!

フラメンコは女性が踊る場合、しなやかな身体の動きで女性の柔らかさを表現し、激しいサパテアードで剛い女性を表現します。強い女性ではなく、剛い女性を表現するのです。

う~ん、大正時代の日本人と、フラメンコを踊ってきたジプシーやスペイン人。気性などは異なるにしろ、女性として大切に心に持っている核は同じだったのかな?だから今、日本人はフラメンコに共感を覚え、フラメンコを習う人がスペイン人に次いで多いのかしら?

なーんてことを考えてた今日。柔と剛、相反する物が混在するフラメンコ。女性である自分を認識し、女性としてフラメンコをもっとしなやかに、そして剛く表現できたらいいな
lesson26.jpg
!Ole,guapas!

一般1クラス

!Ola!

週初め、早速レッスンへ行ってきました一般総合クラスから行きたかったのだけど、仕事で間に合わず一般1クラスから参加でした。

今日もガロティンの振付け。♪al garrotín, y al garrotan・・・♪の唄に合わせて楽しく踊る曲の振付けの続きをレッスンしてきました

「楽しい曲やろ。楽しい顔して踊れぇよ!」と先生に言われながらのレッスン。

楽しく踊っているつもりなのですが、顔が楽しい表情をしていなければ、見ている人に楽しい表現を伝えれませんよね。やっぱり踊りは表情がとても大切。楽しいと感じたら笑顔で、悲しいと感じたら眉間に皺を寄せて…作り物の表情はいけないけれど、曲を感じたままを表情を出して踊れると、観ている人にもストレートに感情を伝えることができるんじゃないかな?

一生懸命、振りを覚えなきゃ!!!と思うとそんな余裕もないかもしれないけれど、振りを覚えたらじっくり曲を聴いて踊ってみましょきっと、「楽しいな」とか「悲しいな」とか感情が生まれてくるはず。その日のコンディションで同じ曲でも感じ方が違うこともあると思います。それもOK!だって、人間の感情っていつも同じではないですもん。その日、その時に感じた感情を表情で表せるように、もっと心を開いて踊りたいなそう思った今日の一般1クラスなのでした
lesson25.jpg
¿La estás pasando bien?

リズムを感じる

!Ola!

今日も研究科のレッスンへ行ってきました~

いつも通り、サパテアード、ブエルタ、コントラティエンポ、体の使い方など多くのメニューを2時間みっちり練習!

今日はそのいつものメニューに加え、リズムを楽しむというものがありました。

3グループに分かれて、サパテアードを叩きながら、色んなリズムでパルマを叩くというもの。サパテアードのリズムは全員同じリズムを叩き、パルマは各グループごとに3拍子・4拍子・6拍子で叩きます。すると、12拍目で全員のパルマがぴったり合うんですね~

12拍。つまり、これはフラメンコの最も基本となるリズムの12拍子の捉え方の練習。この12拍子を3・4・6拍子で捉えるリズムの感じ方、そして、その別々のリズムが12拍目でぴったりと合う面白さを今日のレッスンで学ぶことができました

リズムを感じて踊る。それはリズムを楽しんで踊ることサパテアードやパルマなど、踊るときの一つ一つの音を大切に、リズムに乗ってそのリズムを気持ちよく奏でられるように、体で色んなリズムを覚える本日のレッスンはとても勉強になりました。またこのリズム遊びしたいな~
lesson24_convert_20130311011312.jpg

ソレア・ポル・ブレリア

!Ola!

今日はポカポカ陽気で気持ちよかったですね

さてさて今日もレッスン行ってきましたよ~。今日は一般2のクラスに参加。

本日の復習曲はタンゴ・デ・マラガとソレア・ポル・ブレリアでした。

今日は、ソレア・ポル・ブレリアのことを少しお話します。

この曲は、厳かで格調が高い形式のソレアと陽気でダイナミックにリズムを打つブレリアの両者の魅力を合わせ持っていて、激しさの内にも古雅な雰囲気を漂わせている曲です。【参照:イベリアHP】

踊りの構成としては、サリーダ(出だし)~レトラ(一つ目の歌振り)~エスコビージャ(足のパート)~レトラ(二つ目の歌振り)~エスコビージャ(足のパート)~ブレリアとなっています。

力強さの中に切なさがちらりと見え隠れするソレア・ポル・ブレリアは、どんなに苦境に立たされても屈しない「剛い女の踊り」だなぁと勝手に妄想・・・(男性も踊るんですけどね)

柔と剛をあわせ持つソレア・ポル・ブレリア。 ブレリアのテンポでソレアの歌詞が唄われるため、テンポが速く、踊りは非常にキツイですが、みんなしんどくったって、苦しくったって、最後まで力強く、そしてカッコよく踊りあげておりました(何度も言いますが、男性も踊るんですけどね
lesson23.jpg
!Ole,bieeeeeeeeeeeeeeen guapas!

センティード

!Ola!

今日は仕事を早くに切り上げて、個人レッスンへ行ってきました。フレックス万歳

今、私はシギリージャという踊りの振付けをしてもらっています。

シギリージャとはフラメンコの曲種のなかで最も古いもので、絶望や憎悪など心の極限を重々しく表現されています。変則的な5拍子から成っており、緊迫と悲壮な雰囲気が漂う曲です。

なので・・・表現が難しい!!!!!個人レッスンの度に凹む。。。

今日も最初の歩くところから、何度もやり直し。「お前の踊りはフラメンコを感じられん!ただ綺麗に踊ったらフラメンコやないで!!」と先生に一喝され、益々凹む・・・

そう、私の踊りにはセンティード(感覚、センスという意味で、フラメンコのノリのことを言う)が足りないんですね。フラメンコは振りを踊れてもセンティードがなければフラメンコを踊っているとは言えないんです。

内側から表現をする。自分が経験してきた色んな思いを絞り出すように。

ああ、まだ振付けが始まったばかりなのにかなり不安ですが、どうやったらセンティードが出るか、どれだけ自分の心の奥まで表現できるのか。新たに盛りだくさんの課題を与えてくれるシギリージャに頑張って挑戦していきますよ
images-5.jpeg
!vamo, vamoooooo!

信じて突き進もう!

!Ola!

ここ数日、広島はお天気に恵まれて気持ちいいですね♪暖かい春はもうそこまで来ているようです

さて、今日はフラメンコではない話。

私の携帯メールには、毎朝8時に「明言・格言」が届きます。今日はその中でいいなと思った言葉があったので、皆さんにシェアします

「みんな自分の能力に疑いすぎるのです。

自分で自分を疑っていては、最善を尽くすことなんてできないんです。

自分が信じなかったとしたら、誰が信じてくれるのでしょう?」

これは、亡きマイケル・ジャクソンの言葉です。

頑張ってもなかなかできない事ってあると思いますが、諦めて「駄目だ」と自分が限界を決めたら、そこで終わり。

何事も、最後まで自分で自分を信じて努力し続けること、最善を尽くすことが絶対に大切なんですね

自分を信じ続けたことで、最期までキング・オブ・ポップとして君臨したマイケル・ジャクソンの言葉に刺激され、何だかやる気いっぱいになった清々しい今日の朝でした

できるできる、必ずできる!
lesson22.jpg

フラメンコ用語

!Ola!

今日は振付けのときに良く使われるフラメンコ用語をご紹介して見ようと思います

○ エスコビージャ(escobilla):踊り手の足のステップテクニックを見せるパート。
○ エストリビージョ(estribillo):同じ歌詞、メロディーが繰り返されるパート。
○ サリーダ(salida):曲の出だし。
○ ジャマーダ(llamada):バックのミュージシャンに送る合図。「呼ぶ」という意味。
○ シレンシオ(silencio):静かなギターのメロディで踊る部分。アレグリアスによく使われる。
○ ファルセータ(falseta):ギター伴奏の独奏部分。
○ レトラ(letra):歌詞の意味。「歌振り」のこと。
○ レマーテ(remate):歌の間。歌の途中でカンテ(歌い手)が歌わない部分。歌が途切れた部分に合いの手を入れるように踊る
○ マチョ(macho):曲の最後にテンポが速くなって盛り上がる歌の部分。

エルカミーノでは、レトラ(歌振り)が2つあるときは、一番目の歌振りを「プリメーラ」、二番目の歌振りを「セグンダ」と使い分けています。(英語で"first","second"の意味です)

でも、振付けのときよく「セグンダから踊って」とか言われても…?どこ??となることがありますよね~。なので、これらの意味を理解してレッスンを受けると、踊りの構成が分かってきますし、自分が今何をしているのかを理解しながら踊れる思います。

例えば、「レトラ」部分は、しっかり曲を聞いて身体を大きく動かすことを意識したり、「レマーテ」はしっかりサパテアードを叩くことを意識したり・・・こんな感じで少し意識をすることで、もっとメリハリのある踊りができるんじゃないかなと思います

さぁ、まずは今のレッスンで、先生に「セグンダから!」と言われても動じない様に復習してみましょっ
lesson21.jpg
カラコレスのエスコビージャ !Vamoooooo!

レッスンのテーマを決める

!Ola!

今日も仕事帰りにレッスンに行ってきましたぁ

今日は、昨日のレッスンに習い、自分なりのテーマを決定していざレッスンへ!

本日のテーマ!「側筋を使って踊る

1時間半のレッスン中、どの動きもとにかく側筋を意識して踊ってみると、これまで入門基礎レッスンなどで学び直した身体の使い方を応用して使えて、なんだか身体全体で気持ちよく踊れた気がします。(←あくまで、自分の中の満足感ですが…

私は、あれもこれもやろうとすると頭が混乱してしまう性質です。なので、こうやって何か一つ、自分なりのレッスンのテーマを決めて、そこに何か手応えがあれば、他ができなかったとしても、レッスンを終えた時にとても充実感がありますよっ

ということで、本日も楽しく充実したレッスンでした

次回のレッスンのテーマは「呼吸を意識する」にしようと思っています・・・このテーマにすると、レッスン中、意識しすぎて鼻息荒くなるんですけどね…(笑)
lesson20.jpg

柔らかさの中にキレをだす!

!Ola!

本日は研究科のレッスン

今日のレッスンのテーマは、このブログの題名通り「柔らかさの中にキレを出す」。

ケブラータ(回転)から、方向転換の瞬間など、一つずつの身体の動きを鏡の自分を確認しながらのレッスンでした。

ゆったりの動きの中にもキレは必要。そのためには、身体の引き上げ~脱力が何より大切なのですね。力任せに身体を動かしてはキレは出てこない。 呼吸に合わせて緊張させた状態から力を抜くことでキレが出てきて、そこに踊りのメリハリが生まれるのですね~

この動きを意識しながら踊ると、何ともいつもの倍以上にしんどい・・・これって、少し上達しているってことかな?

なんて!…とにかく、この意識を常にレッスンのときに頭に置いて、かっこいいフラメンコ踊れるよう身体と対話しながら、また明日から練習頑張ってみようと思った、本日のレッスンでした

lesson19_convert_20130304005128.jpg

タラント~その2~

!Ola!

今日も土曜日の一般2クラスに参加してきました

今日は、セグンダ(2番目の歌)の振りの復習。
先日もお話したように、タラントはゆったりのテンポで、切なく美しい歌に乗せて身体全体で大きく表現して踊ることが大切です。

身体を上から下へ、右から左へ・・・「波のように身体を動かせ!動きが止まったらあかん」と先生のご指導の元、もっと表現して踊れるよう何度も同じ振りを繰り返して練習。

そして腕をあげて下ろす振りで、「気持ちや!腕が上がっている方と反対に顔が向いとったら気持ちがバラバラやろ。上がっている腕に気持ちを向けると顔もついていかな!」と更にご指摘が・・・

いやいや、本当に表現をするのって難しい 簡単な振りだけど、だからこそ気持ちを入れて表現することが大切で、表現次第で身体の動きが全く変わってくるんですね。見ている方も感じるものが全く変わってくる。

・・・ええ、分かっているんですよ だから、言われたことを忘れないで、少しずつタラントの表現に近づけるよう練習あるのみです
lesson18.jpg
!alza!

エルカミーノ フラメンコスタジオ

!Ola!

すっかり忘れておりましたエルカミーノフラメンコスタジオの新しい看板を明るい時にご紹介すると言っていたことを。

estudio.jpg

あ、斜めってる

とにかく…こんな感じの看板です。ここでは毎日レッスンが行われているので、見学はいつでもOK

そういえば、私、フラメンコを始めたきっかけは、「エルカミーノ フラメンコスタジオ」の看板を見たときでした。ほんと、ただそれだけ(笑)

学生時代、アルバイトの帰りにバスの中から見えていた看板。でも、その時は途中下車をすることもないまま、ただ気になっていただけでした。

社会人になって、ただ仕事と家の往復の日々。そんな時、先輩がとある質問をしてきました。

「何か趣味とかあるの?」

「いえ、何もないです。ただ、ずっと気になっているものがあって…いつかフラメンコをしてみたいと思うんです」

「あそれなら、うちの姉がフラメンコしてるから言っとくよ。今度見学にでも行ってみたら?」

そんなひょんなことから行ったのが、今や長年通っているエルカミーノ フラメンコスタジオだったんですね。学生時代、アルバイト帰りにずっと気になっていたエルカミーノ フラメンコスタジオに1年以上経って、奇跡的な偶然で通うことになりました。そして、今やフラメンコがライフワークとなっています。

やってみたいと強く心で思うと、絶対に実現するように人間て不思議に動いて行くんだなぁと実感しています。

ということで、このブログをフラメンコに興味を持って見てくださっている方がいらっしゃいましたら、是非勇気を出して一回教室にお越しいただけると嬉しいです初めの一歩って高い高い山。けれど、やってみたいことを実際に実現することほど気持ち良く、達成感のあることはありません。

学生時代、ほぼ毎日バスの中から見ていたフラメンコスタジオの看板。1年以上経ってフラメンコを習うことを実現した私の毎日は、とても充実していますっ


プロフィール

ちゅん

Author:ちゅん
!Hola,amigos y amigas!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR